個人事業税・住民税 – 概要のおさらい

はじめに

個人事業主が納める事業税・住民税について概要を整理する。

確定申告

所得税の確定申告を行えば、個人住民税、個人事業税の申告は不要(自動的に申告したとみなされる)。

個人事業税

税額の計算

課税標準

前年の以下の項目を使って計算される。

  • (+) 事業所得
  • (+) 不動産所得
  • (△) 専従事業者給与
  • (+) 青色申告特別控除
  • (△) 繰越控除
  • (△) 事業主控除 290万円/年

税率

職種に応じて税率が定められている。東京都の場合、下表の通り、3% 〜 5%。

税額

課税標準 × 税率

納付時期と方法

原則、8月と11月の年2回。8月に送付されてくる納税通知書にしたがって納付する。

個人住民税

種類

均等割と所得割の合計が納付すべき税額となる。

  • 均等割:所得金額に関わらず定額を課税
  • 所得割:所得金額に応じた課税

税額の計算

均等割

東京都在住の場合、個人都民税 1,500 円、個人区市町村民税 3,500 円

所得割の課税標準

前年の所得 – 所得控除 (※)

(※) 所得税の所得控除と似ているが、基礎控除が33万円など若干異なる点があることに注意

所得割の税率

東京都在住の場合、10%(都民税4%、区市町村民税6%)

税額控除

住民税の税額控除は以下の項目。

  • 配当控除
  • 外国税額控除
  • 寄附金税額控除
  • 調整控除
  • 配当割額及び株式譲渡所得割額の控除
  • 住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)

税額

均等割の税額 + (所得割の課税標準 × 10% – 税額控除)

納付時期と方法

区市町村から送付される納税通知書にしたがって、年4回納付する。

所感

所得税、事業税、住民税、健康保険、国民年金…、何かと徴収される。。

Sources

兵庫県西宮市生まれのフリーランスRailsエンジニア。海外を拠点にデジタルノマド生活中。/ 前職・資格:公認会計士 / プログラミング言語:Ruby, JavaScript, HTML, CSS / 日本語・英語
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です