所得税 – 前年納税額が15万円以上の場合は予定納税の通知書がくる

はじめに

所得税の予定納税について整理する。

予定納税とは

前年の所得税額をベースに本年の所得税を前払いする制度。

対象者

予定納税基準額が15万円以上の者。

予定納税額は、所轄の税務署長からその年の6月15日までに、書面で通知されます。

書面で通知がくる。

予定納税基準額とは

以下のいずれも満たす場合は、前年分の申告納税額がそのまま予定納税基準額となる。

イ 前年分の所得金額のうちに、山林所得、退職所得等の分離課税の所得(分離課税の上場株式等の配当所得等を除きます。)及び譲渡所得、一時所得、雑所得、平均課税を受けた臨時所得の金額(以下「除外所得の金額」といいます。)がないこと。

ロ 前年分の所得税について災害減免法の規定の適用を受けていないこと。

事業所得のみの場合は、前年の税額が基準となるという理解でOK。

納付金額と時期

予定納税は、予定納税基準額の3分の1の金額を、第1期分として7月1日から7月31日までに、第2期分として11月1日から11月30日までに納めることになっています。

年2回、7月と11月に前年の1/3の税額を納める。

所感

税額150,000円以上が対象なので、課税所得でいうと2,475,000円以上で予定納税の対象となる。ビジネスが軌道に乗り始めたら色々と払うお金も増えるので、キャッシュフローには十分注意しておこう。

Sources

兵庫県西宮市生まれのフリーランスRailsエンジニア。海外を拠点にデジタルノマド生活中。/ 前職・資格:公認会計士 / プログラミング言語:Ruby, JavaScript, HTML, CSS / 日本語・英語
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です