Rails: Shopify APIのセットアップ

Rails で Shopify API を利用するためのセットアップ手順を整理します。 API 認証キーの発行 Shopify 管理画面、もしくは、Shopify Partner 管理画面から新規アプリを作成します。 Shopify 管理画面 ここから新規アプリ作成。 Shopify Partner 管理画面 ここから新規アプリ作成。 作成完了後、「API key」が発行されます。 Gem のインストール 続いて、gem ‘

Shopify APIで商品を出品する

Shopify でオーダ管理をおこない、自社アプリで出品・出荷管理をおこなうアプリを作るにあたって調べた内容を整理します。 具体的には、次のような要件を満たすアプリを制作中。 自社アプリから API 経由で Shopify に出品(作成・更新) Shopify での注文情報をウェブフックで自社アプリに送る 自社アプリで出荷管理をする 自社アプリの出荷情報を API 経由で Shopify に送る ここでは「自社アプリから API 経由で

Shopifyウェブフックで注文情報を受け取る

Shopify でオーダ管理をおこない、自社アプリで出品・出荷管理をおこなうアプリを作るにあたって調べた内容を整理します。 具体的には、次のような要件を満たすアプリを制作中。 自社アプリから API 経由で Shopify に出品(作成・更新) Shopify での注文情報をウェブフックで自社アプリに送る 自社アプリで出荷管理をする 自社アプリの出荷情報を API 経由で Shopify に送る ここでは「Shopify での注文情報を

Shopify APIで出荷ステータスを更新する

Shopify でオーダ管理をおこない、自社アプリで出品・出荷管理をおこなうアプリを作るにあたって調べた内容を整理します。 具体的には、次のような要件を満たすアプリを制作中。 自社アプリから API 経由で Shopify に出品(作成・更新) Shopify での注文情報をウェブフックで自社アプリに送る 自社アプリで出荷管理をする 自社アプリの出荷情報を API 経由で Shopify に送る ここでは「自社アプリで出荷管理をする」と

ワードプレス:ショートコードで記事内に画像スライダー

画像スライダーを作るワードプレスのプラグインはたくさんあります。 でも、凝った仕様のものが多いんですよね。 自分が求めているのは、シンプルに記事内からサクッと画像スライダーを生成できるもの。 結局見つけることができなかったので、自作ショートコードにより、実装することにしました。 以下では、その手順を説明します。 必要な画像スライダーの要件 具体的には、次の要件をみたすような画像スライダーが必要です。 ショートコードとWP画像IDを書くだ

Rails:出力処理をViewModel層に切り分ける!

コントローラをスリム化させるために取り入れた「ViewModel層」について整理します。 コントローラのスパゲッティ化・肥大化 仕様変更や機能追加を繰り返した結果、 コントローラがすっかりスパゲティ状態になってしまった。 コントローラの行数がすごいことになっている。 こんな経験ありませんか? 私はあります。 ダイエットしているのに… それなりのダイエットはしていました。 例えば、 ビジネスロジック(入力処理)を Servic

Rails:Action Cable を本番にデプロイする手順

Action Cable を使った Rails アプリをデプロイする時に必要な手順を整理します。 環境 Ruby 2.5.1 rvm 1.29.7 Rails 5.2 AMS EC2 Ubuntu 18.04 LTS 20180814 サーバのセットアップ Nginx + Passenger 「Passenger + Apache」でウェブサーバを組んでいる場合、Action Cable を利用できません! 「Nginx + Passe

EC2 + Ubuntu + Nginx + Passenger を Let’s Encrypt!

EC2 + Ubuntu + Nginx + Passenger で組んだ Rails アプリ用のサーバを、Let’s Encrypt で HTTPS 化する方法をまとめます。 順調に進めば、15分ぐらいで完了します。 新規サーバのセットアップはこちら: ▶︎ Rails5:EC2 + Ubuntu + Nginx + Passenger でデプロイ 環境 Ruby 2.5.1 rvm 1.29.7 Rails

Rails5:EC2 + Ubuntu + Nginx + Passenger でデプロイ

EC2 + Ubuntu + Nginx + Passenger で Rails5 のアプリをデプロイする手順をまとめます。 順調に進めば、1〜2時間ぐらい完了します。 環境 Ruby 2.5.1 rvm 1.29.7 Rails 5.2 AMS EC2 Ubuntu 18.04 LTS 20180814 EC2(Ubuntu)のセットアップ EC2コンソールからインスタンスを作成。 「Ubuntu Server 18.04 LTS」を

rbenv install が「gcc: internal compiler error」でコケる時

環境 CentOS release 6.8 (Final) AWS EC2 背景 Rubyのバージョンを「2.5.1」に更新しようと思い、rbenvを使ってインストールしたところ、次のエラーでコケました。 $ rbenv install 2.5.1 BUILD FAILED (CentOS release 6.8 (Final) using ruby-build 20181225-1-g095d9db) Inspect or clean