Git – Bitbucketでの新規リポジトリのセットアップ

はじめに

Bitbucketを使った新規リポジトリのGitのセットアップ手順を整理する。

手順

Bitbucket

リポジトリの作成

Bitbucketにログインし、左サイドメニューより 「+」 > 「Repository」 を選択する。

Repository

リポジトリ名を入力して「リポジトリの作成」をクリックする。

リポジトリの作成

HTTPSコマンドのコピー

作成後のページより、「HTTPSコマンド」をコピーする。

HTTPSコマンド

ローカル

リポジトリの作成

任意のパス上で、先ほどコピーした「HTTPSコマンド」を実行し、リポジトリを作成する。

$ git clone https://[ユーザ名]@bitbucket.org/[ユーザ名]/[リポジトリ名].git

git flow導入

作成されたリポジトリに移動し、 git flow init を実行。ブランチ名などに関して、git flow のデフォルト設定で良い場合はEnterを連打する。

$ cd [リポジトリ名]
$ git flow init
No branches exist yet. Base branches must be created now.
Branch name for production releases: [master]
Branch name for "next release" development: [develop] 

How to name your supporting branch prefixes?
Feature branches? [feature/] 
Release branches? [release/] 
Hotfix branches? [hotfix/] 
Support branches? [support/] 
Version tag prefix? [] 

remoteにpush

最初のコミットをし、リモート(Bitbucket)にpushする。

$ git branch
* develop
  master

$ git add .
$ git commit -m "git flow init"
On branch develop
nothing to commit, working tree clean

$ git push origin develop

masterブランチもpushしとく。

$ git co master
$ git push origin master

設定の確認

ローカル

ローカル・リモート共にdevelopとmasterブランチがあればOK。

$ git branch -a
  develop
* master
  remotes/origin/develop
  remotes/origin/master

Bitbucket

念のため、Bitbucket上でも、developとmasterブランチが確認。

Bitbucket

これで初期セットアップは完了!

Source

兵庫県西宮市生まれのフリーランスRailsエンジニア。海外を拠点にデジタルノマド生活中。/ 前職・資格:公認会計士 / プログラミング言語:Ruby, JavaScript, HTML, CSS / 日本語・英語
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です