Franzで複数のメッセージアプリをまとめて管理

メッセージアプリに溺れてませんか?

GmailにSkype, Telegram, Facebook Messenger…などなど、

利用するメッセージアプリの種類が増えると、どうしてもウィンドウの数が増えてしまい、必要以上にデスクトップやウィンドウを切り替えなくてはいけません。

こういう非生産的な時間は、なんとか削減したいですよね。

そんな時は「Franz」というアプリがオススメです。

Franzでまとめて管理

Franzは無料で利用可能なメッセージ管理アプリです。Mac・Windowsどちらにも対応しています。

これを使えば、複数のメッセージアプリをFranz上の1画面でまとめて管理することができます。

Franz

Franzの嬉しい点

このFranzすごく気に入ったので、開発者をサポートするために年間課金も払いたいなと思っています!

気に入ったポイントは、ざっと以下のような感じです。

Good Bye ウィンドウ切り替え!

まずは、先に挙げていた課題が解決されるので、「メッセージアプリのウィンドウが多すぎて、メッセージの確認や他のアプリを探すのに手こずる」といったことが起こらなくなります。

豊富な対応メッセージアプリ

対応しているメッセージアプリが豊富です。

自分の場合、LINE以外はすべてFranz上で確認できます。現在利用中のメッセージアプリは以下の通りです。

  • Gmail
  • Telegram
  • Skype
  • Discord
  • Facebook Messenger
  • ChatWork

GoogleカレンダーとGoogleキープも!

なんと、メッセージアプリだけでなく、GoogleカレンダーとGoogleキープにも対応しています。

これが特に気に入った点ですね。

まとめて通知のオン/オフ

ダッシュボードのベルマークアイコンをクリックすることで、簡単にFranzの通知をオン/オフすることができます。

仕事とプライベートの切り替えがしやすくて良いですね。

まとめ

メッセージアプリの数が増えてきて、「ウィンドウ切り替えの時間が増えてきたな〜」と感じる場合は、Franzを使って1画面で管理すると便利で良い感じですよ。

Source

兵庫県西宮市生まれのフリーランスRailsエンジニア。海外を拠点にデジタルノマド生活中。/ 前職・資格:公認会計士 / プログラミング言語:Ruby, JavaScript, HTML, CSS / 日本語・英語
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です