ワードプレスのプラグインに独自の日本語翻訳を追加する

ワードプレスのプラグインはとても便利ですが、イケてるプラグインにかぎって日本語翻訳がされてないことがあります。

今回はそんなプラグインに対して、独自の日本語翻訳ファイルを追加する方法を整理します。

翻訳ファイルはlanguagesフォルダで管理

翻訳ファイルは「wp-content/plugins/ [プラグイン名] /languages」フォルダで管理されています。

# 例) wp-content/plugins/wp-full-stripe/languages

その中にデフォルトで.potファイルがあれば、簡単に独自翻訳を追加できます。

基本的な手順

.potファイルをダウンロード

languagesフォルダにある [プラグイン名].pot ファイルをローカルにダウンロードします。

.poファイルを加工

ダウンロードした .pot ファイルをもとに .po ファイルを作っていきます。

この作業は専用のツールを使う必要があります。

私は POEDIT というツールを使っています。無料でも利用できてインタフェースもきれいなのでオススメです。

POEDIT

ダウンロードした .pot ファイルを POEDIT で開きます。

potファイルを開く

翻訳言語として「日本語」を選択します。

翻訳言語として「日本語」を選択します。

「日本語(日本)」 でなく、「日本語」を選択する点に注意してください。

これはワードプレス自体の利用言語と合わせる必要があるからです。

具体的には「wp-config.php」の設定言語と同じ言語を指定しないといけません。

# wp-config.php
define ('WPLANG', 'ja');

あとはそれぞれの項目の日本語翻訳を入力していくだけです。

.moファイルの生成

翻訳が終われば、.po ファイルから .mo ファイルを生成します。

POEFITのファイルから「MOにコンパイル」で生成できます。

[プラグイン名]-ja.mo の名前でファイルが作られていればOKです。

# 例) wp-full-stripe-ja.mo

languagesフォルダにアップロード

作成した [プラグイン名]-ja.mo を「wp-content/plugins/ [プラグイン名] /lauguages」フォルダにアップロードします。

languagesフォルダのパスを通す

「wp-content/plugins」フォルダにある [プラグイン名].php ファイルでlanguagesフォルダへのパスが通っていることを確認します。

例えば以下のように「false」となっている場合は、

# 例 wp-full-stripe.php
function wp_full_stripe_load_plugin_textdomain() {
    load_plugin_textdomain( 'wp-full-stripe', false, basename( dirname( __FILE__ ) ) . '/languages/' );
}

「true」にしてパスを通してあげてください。

function wp_full_stripe_load_plugin_textdomain() {
    load_plugin_textdomain( 'wp-full-stripe', true, basename( dirname( __FILE__ ) ) . '/languages/' );
}

プラグインの独自翻訳にお困りですか?

プラグインの独自翻訳に関するご依頼・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ 😀

Sources

兵庫県西宮市生まれのフリーランスRailsエンジニア。海外を拠点にデジタルノマド生活中。/ 前職・資格:公認会計士 / プログラミング言語:Ruby, JavaScript, HTML, CSS / 日本語・英語
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です