GitHub – プルリク出してコンフリクトが Too complex な時

はじめに

GitHubでプルリクを出し、”These conflicts are too complex to resolve in the web editor” と言われてマージできない時の対処手順を整理する。

対処手順

masterブランチを手元ブランチにマージ

まずは手元のブランチに移動してmasterブランチをマージさせる。

$ git merge master

コンフリクトファイルを更新

コンフリクトが生じて怒られるので、該当ファイルを確認。

$ git status

Unmerged paths: 以下に列挙されているファイルが犯人。ファイルを開くとコンフリクト箇所がわかるようになっているので、内容を確認して更新する。

addしてcommitして再プルリク

あとはいつも通り。

$ git add 該当ファイル
$ git commit -m  "コミット名"
$ git push origin HEAD

所感

ファイル削除した時に起こりやすいので、そんな時はこまめにプルリク出しておこう。

Source

兵庫県西宮市生まれのフリーランスRailsエンジニア。海外を拠点にデジタルノマド生活中。/ 前職・資格:公認会計士 / プログラミング言語:Ruby, JavaScript, HTML, CSS / 日本語・英語
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です