WordPress – 初期セットアップ手順

はじめに

WordPressの初期セットアップ手順について整理する。

環境

  • さくらVPS
  • CentOS release 6.7 (Final)

手順

zipファイルの取得

ワードプレスのサイトにアクセスし、ダウンロードURLを取得してzipファイルをwgetする。

cd /var/www/html
sudo wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.9.4-ja.zip

展開して名前変更

zipファイルを展開して、名前をドメイン名に変更。

sudo unzip wordpress-4.9.4-ja.zip
sudo mv wordpress [ドメイン名]

もとzipは削除

sudo rm -rf wordpress-4.9.4-ja.zip

権限の変更

ディレクトリの所有権をsshでログインするユーザにする。

sudo chown [ユーザ名] [ドメイン名]

wp-contentディレクトリの権限を変更。

sudo chmod 777 -R [ドメイン名]/wp-content

wp-config.php

設定ファイル複製し、「データベース名」、「DBユーザ名」、「DBパスワード」、「ホスト名」、「認証用ユニークキー」、「table_prefix」の初期設定を行う。

cp wp-config-sample.php wp-config.php
vim wp-config.php

AWSでES2からRDSを使ってる場合

先に利用するデータベース名を作成しておく必要がある。

$ mysql -h [RDSのエンドポイント] -P 3306 -u [DBユーザ名] -p
> CREATE DATABASE [データベース名];

なお、wp-config.php の「ホスト名」にポート番号の指定は不要であり、エンドポイントをそのまま書けばOK。

Virtual Host

apacheのhttpd.confを更新し、新しいドメインを追加。その後、サーバ再起動。

sudo service httpd restart

ブラウザからアクセス

ブラウザからアクセスし、ユーザ名やメールアドレスなどを登録し、インストールを行えば完了!

SSH SFTP Updater Supportのインストール

プラグインやテーマなどインストールできるようにあらかじめSSH SFTP Updater Supportを導入しておく。

$ cd /var/www/html/[ドメイン]/wp-content/plugins
$ wget https://downloads.wordpress.org/plugin/ssh-sftp-updater-support.0.7.3.zip
$ unzip ssh-sftp-updater-support.0.7.3.zip
$ rm -rf ssh-sftp-updater-support.0.7.3.zip 

管理画面で有効化されていることを確認すればOK!

Sources

兵庫県西宮市生まれのフリーランスRailsエンジニア。海外を拠点にデジタルノマド生活中。/ 前職・資格:公認会計士 / プログラミング言語:Ruby, JavaScript, HTML, CSS / 日本語・英語
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です